理美容店において実践的・効率的な衛生管理理容師が提案します。

 複合洗浄消毒システムとは

 「理容師法施行規則第25条」を遵守し、理容師による理容師のための理容師の立場で開発された理美容師感染症予防システム。使用する薬剤も中間業者をいれずに製造販売元から直接、理美容店に届けるシステムとしてre-yousi.comが流通管理しています。


○システム例:使用済剃刀

第一洗浄消毒

「理容師法施行規則第25条」の「家庭用洗剤を使用して洗う」箇所を、中性ナノ洗剤「ロータスクィーン」30倍希釈液もしくは医療用の非イオン界面活性剤が含まれる200倍希釈の「洗浄ルネサンス」をティッシュペーパー上に噴霧して洗浄します。シェービングの際に刃への血液付着が認められた場合は、刃は交換してください。
 
中性ナノ洗剤「ロータスクィーン」30倍希釈液は低発泡なので濯ぎ洗浄も短時間で済み、ティッシュペーパーで拭き取る工程でも、物理的にもタンパク質を除去します。行政指導では「家庭用洗剤とスポンジを用いてこすり洗い」とありますが、スポンジの汚染問題があるために複合洗浄消毒システムでは使用しません。
 
オイルを使用したシェービングや明らかなタンパク質汚染が激しい場合は、5倍希釈の「ロータスクィーン」を噴霧し、強力な脂分解成分「ナノ洗浄成分」により同工程で噴霧し、ティッシュペーパーで擦つて洗浄します。もしくは「家庭用中性洗剤」を使用しますが、残留性や濃度に気をつけて使用すること。
 
その後に、厚生省が発令した「 食安基発第0825001号」に抵触しない次亜塩素酸弱酸性水溶液「フィリオ30」をティッシュペーパー上に噴霧。この時の濃度は第三者試験機関によりHCV不活性化が実証されている500ppmの原液を使用して、器具からの感染症を防ぎます。(参照:フィリオ30使用での同工程ATP検査ではタンパク質除去率99%/60秒)


第二基礎消毒工程

法定濃度のエタノール(76.9〜81.4%)に10分間浸漬。洗浄工程で、剃刀の刃に付着したタンパク質は洗浄除去されているので、エタノールの殺菌/不活性化効力が十分に発揮されます。


第三衛生保管工程

エタノールから取り出し、200倍希釈の洗浄ルネサンスへ浸漬。洗浄ルネサンスに含まれるオキシドール成分、酵素により、剃刀全体のタンパク質汚れを分解除去(第三者試験機関により10分で約98%除去)させる。洗浄ルネサンスは、第三者試験機関により、金属やゴム、樹脂などにも影響を与えないのは実証されておりますが、本剃刀など地金部位がある器具は気をつけてください。